未来の住まいに望むもの

On 2010年7月2日 by admin

先般、国土交通省では、住生活基本法に基づく計画の見直しに先立ちまして、

住生活についての国民の考えをインターネットモニターを活用して調査したという事です。

 

これによりますと、

理想の住まいを実現するために重要視するもの

性能面では「採光・通気性」、「省エネ性」、「耐震性」などを重要視する。

コスト面では、建設費などのイニシャルコスト(初期投資)よりも、

光熱費などのランニングコスト(維持管理費用)の安さを重要視する傾向が見られた。

地域活動への参加

全体の8割以上が地域活動への参加を希望。

年齢が進むにつれて地域活動への意識は一層高まっている。

住まい周辺施設の三種の神器

 「スーパー」、「医療・福祉施設」、「銀行・郵便局」だそうです。

 

皆様のお考えと同じでしたか?

 

 

記事を気に入ったらこちらをポチッと押してください。

リフォームは名古屋のマンエイ

新築は名古屋のマンエイ

市民家づくり勉強会のご案内 NPOシックハウスを考える会ホームページ

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>