リフォームでご注意!古い分電盤は以外に危ない?

On 2010年7月10日 by admin

エコポイントがすっかり定着して、家電製品をここ1,2年で新しくされたご家庭は多いのではないでしょうか?

 

また、リフォームや新築をすると、新しくなったお部屋に合わせて新しく買い換える事もめずらくありません。

こんな時、特にリフォームでは、分電盤まで交換される方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?

 

ある程度のリフォームなら1回はチェックしていると思いますので、

まともな業者さんなら気がついた事をアドバイスしているはずです。

 

大抵は、契約アンペア容量の話や回路増設などに終始しがちです。

しかし、経年劣化で漏電ブレーカー自体が動作しないという事が起こっている事までアドバイスして、

交換を進める業者は少ないと思います。

 

漏電ブレーカーが動作しないと、家電製品が一気に全部壊れるという事もありえます。

火災など2次被害の危険も十分考えられます。

 

住宅ローンが終わる頃に、一度中部電力か電気屋さんにチェックしてもらう。

これを忘れないようにしましょう。

 

記事を気に入ったらこちらをポチッと押してください。

リフォームは名古屋のマンエイ

新築は名古屋のマンエイ

市民家づくり勉強会のご案内 NPOシックハウスを考える会ホームページ

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>