外壁塗り替えリフォームの適正価格とは…

On 2010年7月20日 by admin

最近、ますます外壁塗装の相見積り競争が激しいですね。

 

10年くらい前までなら建坪25坪の家で、そこそこの塗料を使って足場込みで150万円くらいが

相場でした。(屋根・壁・破風・鼻・雨樋・軒天・雨戸含む。)

 

ところが今や、現場の条件によりますが、100万円の見積りでは厳しいですね。

昔よりも塗料の品質が上がって、デフレと言えどもその分仕入れ価格は下がらず…。

にもかかわらず受注単価は下落の一途です。

 

それもそのはず。三重県や大阪のペンキ屋さんから当社に営業に来るのですから。

それくらい塗装の仕事がないんですね。いえ…正確には仕事はあるのです。

あるのですが、安すぎてたくさん数をこなさないと食べていけないのです。

 

ですから、

 

毎月、必ずどこかの業者さんが

「仕事ないですかあ~」って

訪ねて来られます。

 

こうして毎年ペンキ屋さんはジャンジャン倒産していきますが、次から次へ独立されますので、

一向に数が減りません。こうした傾向は建設業界全体にもいえる傾向ですが、

ペンキ屋さんとかクロス屋さんは特にこの傾向が強いように思います。

他の職種よりも比較的修行年数が短くても(腕の良し悪しは別として)、

それなりに仕事を格好付けられるからと言われています。

 

日本全国どこへ頼んでも、ほぼ同じメーカーの塗料を使います。

施工技術・施工品質といっても、今時住宅の塗装で明確に差が出るほど難しい塗料・工法はありません。

 

しかし実際には、

数年~10年前後経つと、塗装膜の耐久性に同じ塗料でも差異が出てきます。

その理由は、いくつかありますが、どの様に下地処理をしたか?標準施工しているのか?がポイントです。

 

しかし、営業の段階でそれについて詳しく説明を受けその場で理解しても、各業者同じ事を言います。

5社も6社も相見積りを取れば、

最終的には誰が何を言っていたのかもうゴチャゴチャになってしまいます。(それが普通(^_^;)

分からないから各社の見積りを並べてよーいドンです。結局、金額勝負になってしまうのです。

 

こうした状況下では、ペンキ屋さんの生活そのものが成り立たなくなってきています。

ますます、口先だけの営業と相反する現場の酷い施工が横行するのが見えてきました。

 

当社では塗装工事のご依頼があった場合、

これまで当社と長年お付き合いいただいている

「信頼できるペンキ屋さん」を 直接ご紹介する事といたしました。

つまり、当社はフリー。無料。

もう、このデフレ経済下では、塗装工事に限って言えば、現場の職人さん達が

直接お客様と仕事のやり取りをしなければ、生きていけません。

ただし、OB客様とOB客様のご紹介のある方でご希望される場合のみ、

当社が責任を持ってお請けして、しっかり現場管理いたします。

その場合は当社からのお見積りとなり、諸経費等が必要です。

 

外観 DSCF5510

 

当社を信頼いただけるお客様には、信頼でお応えいたします。

 

これからは何社も見積りを取るメンドウな手間は必要ありません。もちろん取っていただいてもOKです。

でも、金額は大して変わらないでしょう。

※このあたりに疑問を感じられる方は、私のレポートをダウンロードして読んでみてください。

 

心配なお客様は、私に見積りを送って不信な所があればご相談ください。

内容をもちろん無料で診断いたします。必要があれば当社が紹介した業者さんを指導いたします。

 

 

結局、相見積りであろうと1社見積りであろうと、普通最後は1社としか契約をしません。

その仕事は現場を見るまでわからない事に変わりありません。

素人の方がプロの仕事を見て良し悪しが分かるのでしょうか?

プロにそういうものだと言われて、そうではないと技術的・論理的

に解説できる人はほぼいません。それがプロと素人の差だからですね。

 

インターネットや書籍・雑誌で中途半端な知識を得た程度では、価格との適正バランスする技術と

品質の差異を指摘し改善を指示する事は不可能です。最低でも複数の現場と手を見て初めて差異

が見えてくるからです。経験値が絶対条件なのです。

 

 

今後は直接ペンキ屋さんとご契約いただいて、適正価格で適正な仕事の工事を実現してください。

それがあなたにとって一番利益のある事です。デジカメ買うのではありません。目先の金額の

大小で資産維持投資を図って良い訳がないのです。その当たり前の事をするだけです。

 

複数工種 入る場合、または単独工種で良いかどうか分からない場合。

こんな時こそ当社の出番です。お客様のご自宅のオーダメードのご相談を行います。

ご自宅の現在から将来へのリスクと利益のバランス、提案リフォームのコストパフォーマンス等

しっかりとお話をさせていただきます。

 

 

記事を気に入ったらこちらをポチッと押してください。

リフォームは名古屋のマンエイ

新築は名古屋のマンエイ

市民家づくり勉強会のご案内 NPOシックハウスを考える会ホームページ

にほんブログ村 住まいブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>